出来上がりを想像しよう

インク

印刷方法を選定しよう

街頭で不特定多数の人に配布するフライヤーは、いろいろな人の印象に残る校正や印刷でなければなりません。フライヤーのこだわりはその印刷方法によって変わっていきます。写真やイラストを使って色鮮やかなフライヤー印刷をしたいときにはオフセット印刷が向いています。オフセット印刷は版を作成して中間媒体にインクを写し、その後にフライヤーの用紙へ印刷していく方法です。版を作成するので少量の作成依頼の時にはコストが掛かりますが、大量に印刷することによって一枚辺りのコストが軽減することができます。版を使用するので色鮮やかな印刷が可能になり、写真の再現力に優れています。綺麗に印刷するのならばこのオフセット印刷が良く利用されています。また、たくさんの種類のフライヤー印刷をお願いしたいときにはオンデマンド印刷を利用するとよいでしょう。オンデマンド印刷は高密度のトナーを利用した高画質のレーザープリンター印刷です。版を作る必要がなく、少ない量のフライヤー印刷に向いています。フライヤーの紙面が大きい場合には気温によって色ムラが出ることもあり、色合いにこだわりの少ない校正ならば充分活用できます。レーザープリンターでの印刷のため紙質が厚すぎたり薄すぎたりすると印刷が難しい場合もあるので、紙質の選定は業者と良く相談しましょう。フライヤー印刷は画質や紙質、枚数や納期など、優先順位を決めてからどのような印刷物を作りたいのかイメージすることが大切です。

Copyright© 2018 フライヤー印刷を業者にお任せ!価格が変動するオプションを紹介 All Rights Reserved.