PICK UP

PRINT

安かろう悪かろうではない

フライヤー印刷を業者に依頼したことのない方は、是非とも利用して見てください。街中の印刷屋さんではなく、ネット業者でも大丈夫です。何で今まで利用しなかったんだろうと後悔するほど、高品質のものが驚きの低価格で印刷してもらえます。

印刷機

広告ツールの定番

フライヤー印刷はチラシ印刷とほぼ同義の言葉ですが、業者利用が一般的です。業者利用するメリットは、高品質で安いことです。自作の方が安いのではと思うかもしれませんが実はロスが多く高くつきます。何より業者ならば高品質なものができます。

色見本

業者に依頼するフライヤー

手軽に宣伝広告できる媒体としてフライヤーがあります。チラシとは違って葉書サイズや小さめの用紙を使うので、店頭に置いたりポスティングしたりします。人目を引くデザインや写真を入れ込んだりするので、フライヤー印刷は専門業者に依頼する人が多いです。今はネット印刷が安くて大量発注できるようになっています。

インク

出来上がりを想像しよう

フライヤー印刷はそのこだわりによって印刷方法を変えていくとよいでしょう。色鮮やかな写真や大量に印刷したいときにはオフセット印刷を選びましょう。さまざまな種類のフライヤー作成や短期間で作りたいときには、オンデマンド印刷が便利です。

フライヤーを作りたい場合

色見本

どんな値段で作れるか

フライヤー印刷の価格を考えた場合に、どこまでも業者に任せるかと、色、オプション、納期がそれぞれ金額のファクターになってきます。まずフライヤー印刷の依頼範囲ですが、校正を依頼する場合には校正料がかかりますが、全て自社責任で校正なしの場合には安くなります。この場合には落丁があっても文句は言えないので、自社でしっかり校正出来る場合だけ外した方が安心です。フライヤー印刷の次のファクターは紙のサイズです。おおむねA4とB5が最安値帯になっていて、それ以上の大きさでもそれ以下であっても割高になります。色については片面モノクロが一番安く、両面カラーが最も高くなります。ただし両面にしても片面の倍というわけではなくせいぜい1.5倍程度にしかなりません。次にオプションですが、これは折り加工、ミシン目加工などがあります。加工は特殊なものなので、出来る業者と出来ない業者がいます。最初に注文する時に出来るかどうか確認しておくのが大事です。オプション受付可能な場合でも費用はかなりかかります。フライヤー印刷で最後に価格を左右するのが納期です。納期は長ければ長いほど安くなるという方式を取っている業者が存在していて、これはネット印刷業者に多いです。地場のフライヤー印刷業者の場合には納期の長短を費用に反映しない所が多いです。むしろ短納期で仕上げたければ地場の業者のほうが有利となるでしょう。納期が遅くてもよければ、ネット業者を使えば安く仕上げることが可能になります。

Copyright© 2018 フライヤー印刷を業者にお任せ!価格が変動するオプションを紹介 All Rights Reserved.